DIARY

180//カット×コンプレックス

2020/10/5

TAGUCHI JUN
Diary Writer:TAGUCHI JUN

髪型を決める際のポイント

360°

以前BLOGでもお伝えしましたとおり…

1_カラー[色+GUESTらしさ]
2_フォルム[髪型が作り出すシルエット]
3_テクスチャー[質感]
4_マテリアル[素材である地毛自体]
5_ライン[線感]
6_ムーブ[毛束の動き・毛流れの方向性]
7_サイズ[大きさ・ボリューム]
…etc

に加え、顔型別似合わせのポイントもご紹介します…

#_丸顔
→重心をあげて見せるように、トップに高さを出しつつ、
 輪郭をカバーする為に横の髪や襟の髪を残しておく…
 横のボリュームはあまり出さない…
 前髪は斜めに下げてみたり、額を出すのもGOOD

#_四角、エラ張り
→あごの形が目立たないように、
 襟足やサイドの長さを残す
 髪の毛を散らして視線をはずす
 サイドをあまりタイトに仕上げないほうがGOOD

#_逆三角
→ほっそりした印象を緩和するのに、
 顔周りや襟足に動きを出す
 頭のハチ(頭蓋骨側面の張った場所)
 が目立ちやすいので、
 ここを抑えてサイドにボリュームを持たせるのもGOOD

#_面長
→トップの高さは出さずに、
 サイドにボリュームをもたせる
 額を全開にしない

ココに挙げたのは、あくまで一例です…

カラー、パーマやストレートなどの変化…
そしてメガネやアクセサリーなどの小物使い、服のコーディネート
…etc…

様々な要素の組み合わせ方で

[カオ・カタチ]の見え方に変化を出すことが出来ます…

顔周りの形を変える時は、決まってコンプレックスをカバーする話になります…

コンプレックスを隠したがる傾向は、日本人特有の想いのような気がします…

コンプレックス=悪いモノ、部分

という考えを【コンプレックス=個性】

という考えに、徐々にシフトして行くと

今まで見えなかった景色が広がります…

[マイナスと捉えるような部分]が

髪型を進化させるきっかけになったり、

新しい自分への出逢いにつながる出発点になる…

いつも同じ髪型になってしまっているのには、

そういった一歩が踏み出せないから…というのもあるかもしれませんね

カットのみの御来店も大歓迎です
是非一度お試し下さい
御来店お待ちしております

【KORD】
TAGUCHI JUN