DIARY

【re:COVER 】 髪の修復メニュー

2020/1/6

TAGUCHI JUN
Diary Writer:TAGUCHI JUN

GUESTの髪型や、髪色、ヘアケアに関する
理解度や許容度が高まり、同時にWEBの浸透によって
ヘア、ファッションには新たな需要が生まれている気がします…
日本人の髪を扱うという事は、
世界を見渡しても希有なテクニックを持った存在でないと
不可能な気がしています…
さらに最近では、外国人の髪のテクスチャーを理想とした
[憧れの実現]を求められています…
こういった憧れを叶えた先にある変化
[褪色やダメージとどれだけ向き合えるか]
それには、変化を楽しめる感性と
髪としての自然さを超えた部分への魅力
を感じる価値観が必要な気がしています…
一過性のSTYLEに止めず
次回来店までの間をより健康的、且つ自然な状態の変化
を生む為に必要な作業が
【re:TUNE】(前処理)と
【re:COVER】(後処理)です…
後処理には、次回来店までのサポートの役割があります…
一人一人の髪質と、その人のライフスタイルに合わせ、
【EFFECTOR】を駆使し、処方していく…
それは、あらかじめ時間による変化も読み込んだ
デザイン設計の中で必要なプロセスです…
単純に、仕上がり時のクオリティを求める為のモノではない…
次回以降のヘアデザインの幅を広げる重要な作業です…

ヘアカラーやパーマの際は是非一度お試し下さい
御来店お待ちしております…
【KORD】
TAGUCHI JUN

RESERVE