DIARY

BORDER//ヘアスタイル×ボーダレス

2020/1/19

TAGUCHI JUN
Diary Writer:TAGUCHI JUN

あらゆる境界線がなくなっている気がします

意見や主張があやふやな感じで
◯でも×でも無く…
△くらいがちょうど良い…

それはジェンダーにも現れていて、
そこからファッション、ヘア、メイクにも通じていっている気がします…
昔は良い意味で尖っていて、常に何か言いたげで、
ぶつける所が目に見える所しか無くて、
あえて目立つファッションやヘアメイクをしている…
という人で溢れていた時代とは異なり、
芯でグラグラと沸いているいるような…
主張は内に秘めながら、
素の自分と向き合い続け、辿り着いたフィット感を共有できる、
数少ない人とのコミュニティで満足出来る…
異なる発信には見向きもせず、ただ鏡に映る自分と対話するような…
ボーダレスで…ギリギリを渡るニュアンスが好まれている気がしています…

なんかカワイイ…なんかカッコいい…

STYLEにおいても、ユニセックスでジェンダーレス…
カテゴライズしない、されたくない…

だからこそ、それぞれの分野の職人が、コレっていうものを提案する…
しなければならない時なんだな…と思います

髪を扱う職人として、髪に…デザインに…真摯に向き合う
GUESTの方々に、そういった部分が伝わって、続いていく…残っていく…

【KORD】においては、
流れに流されず、流れに任せず…

GUEST1人1人に対し髪の職人として、コレっていうものが提案できる…
まだ訪れた事が無い方にも、なんとなく気になる尖った存在であり続け、
他で味わえない体感が出来る空間として,
線引きが出来たらと思っています…

カットだけでの御予約も受け付けております…
是非一度体験してみて下さい
御来店お待ちしております…

【KORD】
TAGUCHI JUN