DIARY

DAMAGE HAIR//スタイル×ダメージレベル

2020/11/17

TAGUCHI JUN
Diary Writer:TAGUCHI JUN

美しいカラーデザインを継続的に提案していく為に、

【KORD】が意識している事…

それは、[ダメージレベルの認識とダメージの均一化]です…

カラーリングが当たり前の時代に、

[適度なダメージ]を維持する発想を持ち、

新鮮な風合いと、表現する色味の範囲を選択する…

その発想に対し、ブリーチの繰り返しやパーマとの組み合わせなどによって起こる

[過度なダメージ]は表現した色味の褪色スピードが速く、

1~2回のシャンプーで流れ落ちてしまう事もあります…

[適度なダメージレベル]をもつ髪に対しては、

継続的なカラー提案が可能になります…

ダメージの幅が広い場合は、ダメージのレベルによって

薬剤の反応が変わるので、根元・中間・毛先

のセクションごとに別々のレシピを組み立てています…

ダメージによって色味の選択や調整、

ダメージに影響されづらい発色や褪色を考慮しながら

提案させて頂いています…

ダメージレベルが進むにつれ、薬剤の発色は

[濃く染まる]→[くすむ]→[取れる・安定しない]

という傾向にあると言えます…

特にNUDIカラー(ブリーチ&カラー施術)

の場合、[透ける][淡い][ほのか]

といったニュアンスが印象をかなり左右するので

慎重に調合・選定しています…

【DAMAGE_LEVEL_SCALE】
#_0
 新生部の健康な状態
 キューティクルもしっかりしている
#_1
 ほぼ健康な状態ですが、シャンプーやブラッシング
 ブラッシング、ドライヤーの熱、紫外線などの
 影響を受けている
#_2
 カラーやパーマを1回程度施術した状態
 所々キューティクルに影響があります…
#_3
 カラーやパーマを数回施術した状態で
 キューティクルに影響が出てきている
 ブリーチのようなハイパワーのカラー施術では
 1回でこの状態になります…
#_4
 カラーやパーマをかなり繰り返した状態で、
 5~6層あるキューティクルが1,2層にまで減少…
#_5
 キューティクルがほとんど無くなっている
 毛髪内部もタンパク質の流出によって
 隙間ができ、弾力が無くなりパサパサ感や
 透明感がでてくる…

カラーのみの御来店も大歓迎です…

是非一度お試し下さいませ
御来店、お待ちしております…

【KORD】
TAGUCHI JUN