DIARY

HISTORY OF HAIR COLOR//カラー×歴史

2020/11/3

TAGUCHI JUN
Diary Writer:TAGUCHI JUN

そもそもヘアカラーとはどういった歴史があるのでしょうか…

さかのぼる事、平安時代末期…

武将「斎藤実盛」が木曾義仲追討のため北陸に出陣した際、

【最後こそ若々しく戦いたい】という思いから

白髪の頭を黒く染めたのがはじまりではないかとされています…

その後、19世紀に化学染料が開発されるまでの日本は

[お歯黒]をクリーム状にして白髪染めをしていました…

[お歯黒]での染髪は約10時間程の放置時間が必要であったため、

明治38(1905年)日本で最初の酸化染料『志ら毛染君が代』

の発売後、染髪の時間は2時間に短縮されました…

そして70年代に入ると、ファッションがカラフルになり、

ヘアカラーが若い世代にも広まる事になりました…

80年代に入ると、ポイントでのカラーリングが流行り、

カラー剤自体がクリーム状になります…

90年代に入ると、ストレートロングヘアが流行り、透明感を重視しながら、

サラサラな仕上がりになるヘアマニキュアが流行します…

2002年、化粧品規制緩和がなされカラー剤は

HC染料とBASIC染料の時代に入ります…

ブリーチ作用と染髪作用、そしてトリートメント作用

それは、
【ダメージ・色モチ・頭皮への影響】
を考慮した結果です….

現在では、白髪染め、デザインカラーが当たり前の時代…

20代女性の6割以上が髪を染め、染めたいという意識まで含めると

7割以上の需要があるMENUにまでなりました…

また、団塊世代がグレーヘア化(白髪)し、高齢人口も膨らむなかで、

白髪染めの需要も年々増加しており、

各メーカーも使い勝手や毛髪への負担を考慮した様々な形態、

コンセプトの商品で市場をにぎわせています…

そして美容界には、ヘアカラーのみを担当する【カラーリスト】という領域も確立され、

GUESTのあらゆる要望に応えられる人材が育つ状況が生まれました…

歴史を振り返る上で大切なのは、

【なぜヘアカラーを施そうと思ったのか…】

戦い・戦は無いにしても、それと似た状況の前に身だしなみを

自分自身満足いく状態にまで惹き上げる…

いつの時代も変わらぬ美への探究心…持ち続けていたいですね…

カラーのみの御来店も大歓迎です…

是非一度お試し下さい

御来店お待ちしております…

【KORD】
TAGUCHI JUN