DIARY

Q_ブリーチって何?

2020/11/21

TAGUCHI JUN
Diary Writer:TAGUCHI JUN

Q_カラーを検討していますが、ブリーチとカラー、それぞれ違うようです…全く知識がないので教えて欲しいのですが、そもそもブリーチって何ですか?

A_[髪を明るくする薬剤で施術するメニューです]

ブリーチ剤は、とてもシンプルに言えば[ただ明るくするだけの薬剤]になります…

アジアの人の髪の色は黒く、これはメラニン色素が関係していますが、ブリーチ剤は

【メラニン色素を漂白し、色素を抜く薬剤】という事が言えます

では、カラー剤はというと

【メラニン色素を漂白し、色素を入れる薬剤】となります

実際にはカラー剤にもブリーチの役割をする成分は入っています

…が、その分量が少なく、明るさを示す度合いのレベルでいうと

髪色は13〜14トーンまでしか明るくすることができません

(トーンとは髪の明るさの度合いです。数字が小さいほどトーンが暗く、大きいほどトーンが明るくなります。アジア人の地毛は5トーン前後。)

一方で、ブリーチは15トーン以上のかなり明るめな髪色を出すことができます

髪をかなり明るくしたい場合には、カラー剤ではなくブリーチ剤を使うことになります

ただし、ブリーチというのはあくまで

[ただ明るくするだけの薬]であり、ブリーチ自体に色味は全くありません

カラーをしてない髪にブリーチをした場合、赤黄色っぽく、髪を明るくすることはできますが、

アッシュ系やピンク系、ベージュ系などの色味を入れたい場合は、

ブリーチ後にもう1回、色味を入れる作業[カラーリング]が必要になります

そのため、【KORD】ではブリーチとカラーを併用したメニューを組んでいます

このブリーチですが、髪に大きな負担やダメージになってしまうのもその特徴の一つです

ブリーチというのは、乱暴な言い方をしてしまえば、

「髪の内部を破壊していくような薬剤」です

ブリーチ後の髪の毛というのは、色の変化はもちろん、髪の内部も大きくダメージし、かなり特殊な状態にあると言えます

そのため、【KORD】でもその取り扱いには細心の注意を払います

GUESTの方でも、市販のブリーチ剤を使って、ホームカラーで気軽にブリーチを使う方がいらっしゃいますが、

【ブリーチすること=髪がもの凄く傷むこと】

だということをよく理解していただければと思います

カラーだけでのご来店も大歓迎です

是非一度、体感してみてください…

ご来店、お待ちしております…

【KORD_TOKYO】