DIARY

Q_写真も見せたのに狙った髪色にはならず…髪の傷みを配慮したらしいですが不満が残ります…

2021/1/17

TAGUCHI JUN
Diary Writer:TAGUCHI JUN

Q_今日、髪をカラーしてきました。狙った色にしたかったので写真も見せたはずですが、仕上がりは全くソレとは違いました…

美容師さんは「髪の傷みを配慮して…」、「また明るくしたければいつでも来て下さい…」などと言っていますが、正直不満です…

やり直しをお願いすべきでしょうか?

A_基本的にどの美容院でも「お直しメニュー」を用意しています

おおよそ1週間〜10日以内であれば、やり直しをしてくれるところがほとんどです

ぜひ、問い合わせをしてみることをオススメします

「髪の傷みを配慮して…」

「また明るくしたければいつでも来て下さい…」

 といったことを美容師さんに言われてしまったとのことですが、確かに

・アンダーレベル (カラーリングする前の髪の毛の明度、明るさ)によって希望の色味が難しい

・やりたくてもやれない色味というのはどうしても存在する

・髪の毛のことを本当に考えて最善の選択をした

 という可能性も考えられます

あるいは単純に美容師の技術不足、経験不足で狙った色味が1回で出せなかった、というケースも考えられます…

いずれにしても、美容師の説明不足・コミュニケーション不足であることは確かです…

しっかりとしたヒアリングや事前診断をすることで、予め

「狙った色味は1回の施術では出ないかもしれない」

「何回かに分けて色味を近づけていくほうが髪にも負担が少ない」

 といった説明は出来たはずです…

そのあたりも踏まえて、一度、カラーしてもらった美容院や美容師さんに相談してみることをオススメします

カラーだけでのご来店も大歓迎です

是非一度、体感してみてください…

ご来店、お待ちしております…

【KORD_TOKYO】