DIARY

Q_市販のカラーは塗る量を増やせば色落ちは防げますか?美容院だとあまり色落ちしないのに…

2021/2/7

TAGUCHI JUN
Diary Writer:TAGUCHI JUN

Q_今回、初めて市販のカラー剤を使ってみましたが、1、2週間で色が落ちてきてしまいました…

いつもは美容院で染めてもらっていて、美容師さんにお願いした時は、あまり色落ちしませんでした

市販のものとプロが使う薬剤も違うでしょうし、やはり技術の差ですか?

また、色々と調べてみると市販のカラー剤で染める場合は薬剤の量が少ないので色落ちするとも聞きます

自宅でやる場合も単純に塗る量を増やせば色落ちは防げるのでしょうか?

A_色持ちを良くさせるために塗布量は重要です

上手に染めるコツを、別のQ&A

「ホームカラーの上手な染め方は?コームだと上手く塗れず色ムラになってしまいます」

で、色持ちさせるコツを

「カラーを長持ちさせる(色持ちを良くさせる)方法は?専用シャンプーが良いですか?」

で、それぞれ紹介しています

併せて参考にしてみて下さい

薬剤の配合の仕方や塗り方で違いが出ます

「市販のものとプロが使う薬剤も違うでしょうし、やはり技術の差ですかね?」とのことですが、薬剤に関しては成分自体が大きく違うわけではありません

ただ、その配合の仕方や塗り方で違いが出ます

市販されている薬剤を使ってご自宅でカラーリングをする場合と、美容院でカラーリングする場合の一番の違い、それは薬剤設定や塗り分けをしてくれる点です

 美容院では「染まりやすい」、「染まりづらい」といったお客様ごとの髪質や過去の履歴を踏まえたうえで薬剤設定(薬剤を配合)してカラーリングをします

また、家ではほぼ不可能な、部位ごとの塗り分けもしてくれます

当然、色持ちも圧倒的に良くなります

市販の薬剤を使って、ご自宅でカラーした場合と比較して、仕上がりの差もはっきりと表れます

特に白髪染めでは塗布量(薬剤を塗る量)は重要です

 もし、市販されている薬剤を使い、ご自宅で白髪染めをする場合、色持ちを良くさせるためには、おっしゃる通り塗布量(薬剤を塗る量)はかなり重要です

根元を中心にしっかりと量を乗せてあげること

さらに言えば、塗り終えた後に、サランラップで頭を巻いて、しっかり時間をあけてあげると、多少色持ちはよくなると思います

 上手に染めるコツを、別のQ&A

「ホームカラーの上手な染め方は?コームだと上手く塗れず色ムラになってしまいます」

で、色持ちさせるコツを、

「カラーを長持ちさせる(色持ちを良くさせる)方法は?専用シャンプーが良いですか?」

で、それぞれ紹介しています

併せて参考にしてみて下さい

カラーだけでのご来店も大歓迎です

是非一度、体感してみてください…

ご来店、お待ちしております…

【KORD_TOKYO】