DIARY

SIMPLE//カット×再現性

2020/9/30

TAGUCHI JUN
Diary Writer:TAGUCHI JUN

家での正しい乾かし方の例をあげると…

# 前髪が割れる場合
→前髪の左側は右へ、右側は左へ、根元を逆にドライ

# 毛先がハネる場合
→根元を後ろから前にしっかりとドライ

# ツヤが出ない場合
→根元をドライ  →髪の中間部から毛先へとドライ
→髮を手で軽く引っ張りながらドライヤーの風を後ろから前へドライ
→冷風を当てる

etc…

このように乾かし方もちゃんとしている

そしてトリートメントでケアもしている

それなのに美容室と同じように再現できない理由…

それはもしかしたら[カット]に原因があるかもしれません…

美容室では複雑な乾かし方やブロー、アイロンをいれたり、

スタイリング剤を覚えられないほど使用したり、

その後チェックカットしたり…

STYLEを作り込んだあとにカットをして、そのあと家で再現しようとしても

美容師などでない限り、同じ状態にするのはかなり難しいはずです…

人によっては広がったり、ハネたりしやすくなるでしょう…

ありのままの[髪型]というのが1人1人存在します…

[スタイリングで作り込んだ髪型]

というのはそれに当てはまりません…

お家で再現出来るSTYLE…それは

なるべく手を入れすぎない、自然な状態のスタイルを指し、

肩肘張らずに個々にFITするSTYLE

カットやスタイリングとは、一瞬を彩る彫刻作品では無く、

明日からの日々の為でなければなりません…

1日限りのSTYLEを目指すのではなく、

明日からも再現できるSTYLEを、一緒に探して行きましょう…

カットのみの御来店も大歓迎です…

是非一度お試し下さい

御来店お待ちしております…

【KORD】
TAGUCHI JUN