DIARY

SOFT HAIR //ホームケア×柔らかい髪

2020/10/11

TAGUCHI JUN
Diary Writer:TAGUCHI JUN

[柔らかい髪]と[硬い髪]

[柔らかい髪]に憧れている方、多いと思います…

東洋人の髪は黒髪ですし、太く硬い印象が強く、

西洋人の様な柔らかくしなやかに揺れる髪を目指す気持ちも分かります…

髪を柔らかくする方法は…

#_髪の内部をいたわる…
#_水分×油分のバランスを整える
#_ダメージ部分のカット

髪は3層構造で出来ていて、表面から
1_キューティクル…ウロコ状で、髪の保護膜の役割
2_コルテックス…髪のしなやかさや強さを生み出す役割
3_メデュラ…太い髪の人に存在する、柱の様な存在

のように出来ています…

[柔らかい髪]の方の特徴は、

2のコルテックスの部分が細かったり、3のメデュラがなかったり…

…ということは、カラーやパーマで内部を壊しつつければ、

柔らかくなるのでしょうか…否…なりません…

2のコルテックスのサイズではなく質を変化させることで

髪質改善をすることが一番の方法です…

髪の内部は、髪の柔らかさ・しなやかさ・ハリ・コシなどの

手触り感や動きを生み出す土台となります…

ココに柔らかさを出す為の

[水分]×[水分を保持する為のトリートメント]

を処方すること…

そして

[油分]×[水分を逃がさない為のコーティング]

の処方が必要です…

濡れた髪の柔らかさは、シャンプーした後の髪を

触ってみてもらうとわかるかと思います…

ダメージが進行すると、この水分を髪内部に留めておく事が

出来なくなります…

ですから、

髪内部の[水分補給]   と

髪表面の[水分を逃がさない為のコーティング]

が必須になります…

【流さないタイプのトリートメント】での一時的な回復を目指す場合は

[水分補給]の為の[ミルクタイプ_内部浸透]
[水分を逃がさない]為の[オイルタイプ_表面浸透型 ]

この2つを上手く使いこなして柔らかくしなやかな髪を目指しましょう…

カットのみの御来店も大歓迎です…

是非一度お試し下さい

御来店お待ちしております…

SOFT HAIR

[ soft hair ] and [ hard hair ]

Maybe, many Asian people want[ soft hair ].

Most of Asian people has thick, strong and black hair, but western people has soft and fluffy hair…
And Asian tend to be westernized.

How to make your hair soft is…

_ Take care of the inside of the hair.
_ Arrange the balance of moisture × oil
_ cut damaged part

Hair is made of three structures

_ Cuticle… shape is like scale and protect hair
_ Cortex… create the smooth and strong of hair
_ Medulla… it is like a axis and exists thick hair

Feature of [ soft hair ] is thin cortex or no medulla.

Then… you would come up with this idea, “if I color or perm many times and damaged my hair, its going to be soft hair?”

The answer is NO.

It is not about size of cut cortex, but change the condition of cortex and improve your hair quality is the best way.

Inside the hair is the base to create the feel and movement like soft, smoothand elasticity…

Softening hair is…

[ moisture ] × [ treatment to protect moisture]
and
[ oil ] × [ courting to protect moisture]

You will realise the softness of your wet hair after the shampoo.

At the hair being damaged, it won’t be able to keep this water within the hair.

So… it needs [ hydration] within the hair and [ courting to protect the water] outside the hair.

Non-rise treatments enable you to improve temporary recovery but you better use the two types treatments.

[ milk type treatment ] for hydration, and [ oil type treatment ] for keeping water inside.

So Please feel free to ask us…

【KORD】
TAGUCHI JUN