DIARY

Q_シャンプーしても簡単に落ちないカラーはありますか?せっかく染めた髪色がどんどん色落ちします…

2021/2/6

TAGUCHI JUN
Diary Writer:TAGUCHI JUN

Q_今、染めている色味はシャンプーするだけで簡単に落ちてしまいます…

シャンプーしても簡単に落ちないカラーはありますか?

ただ、仕事が忙しく、頻繁にカラーする、というわけにはいきません

アドバイスお願いします…

A_なるべく抑えた(暗め)のトーンでカラーリングをすれば色持ちは少し良くなります

また、お仕事でお疲れかとは思いますが、お風呂あがりにしっかりと乾かすこともカラーを長持ちさせる秘訣です

なるべく抑えた(暗め)のトーンでカラーリング

 別のQ&Aでも紹介しましたが、8〜9の明るめのトーンで白髪染めをしてしまうと長持ちしません

2週間程度で色落ちしてしまうこともあります

時間の経過とともに、だんだんと淡い茶色のようになり、1ヶ月〜1ヶ月半程度も経過すると元の白色に戻ってしまうものです

 これは言い換えれば「なるべく抑えた(暗め)のトーンで白髪染めをすれば色持ちは良くなる」とも言えます

 ファッションカラーでも、白髪染めでも

・なるべく色落ちして黄色くならないようにする

・なるべく褪色することを避けたい

 こういった場合には、抑えた(暗め)のトーンでカラーリングをするのがオススメです

髪の毛は明るくすればするだけ、髪内部のメラニン色素を壊します

メラニンが壊れれば色落ちもどんどん早くなっていきます

ですから、色持ちを考えた場合には地毛(5〜6トーン)よりほんのり明るいぐらい、地毛よりも1〜2トーン程度明るいトーンで仕上げるのがオススメです

KEEP THE COLOR//カラー×色もち

お風呂あがりのドライ方法で色持ちを良く

 また、お仕事でお疲れかとは思いますが、お風呂あがりにしっかりと乾かすこともカラーを長持ちさせる秘訣です

髪の毛が濡れている状態というのは、キューティクルが開き、剥がれやすく、髪が傷みやすい(ダメージしやすい)状態になっています

もちろん、カラーがもっとも色落ちしやすいのもこの状態です

髪が濡れた(ダメージしやすい)無防備な状態で寝てしまえば、枕や布団との摩擦などでも、ますます色落ちが進んでしまうのです

「男性だから」

「短髪だから、放っておけばすぐ乾く」

 こういう理由でお風呂あがりに、しっかりと髪を乾かさずにいると、どんどん色落ちも進んでしまいます

ですからタオルドライや自然乾燥だけに任せることなく、しっかりと乾かすこと、手ぐしで整えながらドライヤーすることで、カラーリングの色持ちは圧倒的に良くなります

参考にしてみて下さい

DRY DRY DRY//ホームケア×ドライヤーのかけ方

TOWEL DRY//ホームケア×タオルドライ

カラーだけでのご来店も大歓迎です

是非一度、体感してみてください…

ご来店、お待ちしております…

【KORD_TOKYO】