DIARY

Q_一度、白髪染めすると普通のカラーリングはできなくなってしまうのでしょうか?

2020/12/27

TAGUCHI JUN
Diary Writer:TAGUCHI JUN

Q_30代になり、白髪も少しずつ目立ち、仕事上も明るい髪色はNGだったので美容院で白髪染めをお願いしました…

ただ、その後、転職して比較的自由な髪色が選べるようになったので明るくしようと思ったのですが、どこの美容室に行ってもなかなか暗めのトーンから抜けだせません…

一度、白髪染めすると普通のカラーリングはできなくなってしまうのでしょうか?

A_白髪染めに限らず、ヘアカラーやヘアマニキュアで黒髪にした場合でも、白髪染めを混ぜる薬剤でも混ぜない薬剤でも、原則として5〜6トーンなど、一度、暗く染めた髪の毛を再び明るい色にする、というのは非常に難しい施術になります…

 転職前のタイミングでお客様が地毛に近い5〜6トーンの暗さで白髪染めをしていた場合、確かに1回のカラーリングで明るくするのは難しいと思います…

特に長いあいだ暗めのトーンで白髪染めをされてきた場合は、次回以降、明るめの色を希望されても1回のカラーリングで上手く染めることができない可能性があります

実際に、暗めのトーンで長いあいだ白髪染めをしてきた、あるお客様は半年〜1年ほどの長い時間をかけて(プランニングして)ようやく理想の明るい髪色に近づけていくことができました…

1ヶ月〜2ヶ月に一度のご来店の方で、ダメージを考慮し徐々に明るくしていったイメージです…

 一度、暗く染めた髪の毛を再び明るくする場合はブリーチ剤や、白髪染めで染められている場合は脱染剤(だっせんざい)と呼ばれる特殊な薬剤を使います

黒く染めた色素や地毛が持つ黒い色素を抜いていく作業が必要となるのです

そのため、仮に美容院にお願いしたとしても1度で明るい色にすることは難しく、最低2回は施術を行なうことになります

これが「なかなか暗めのトーンから抜けだせない」理由だと思います

 ただ、白髪染めでも8〜9トーンの明るい色で染めていた場合には、白髪染め後のカラーリングもある程度コントロールすることは可能です

…が、暗い髪色から明るい髪色へのイメージチェンジはかなり難しい施術と細かなプランニングが大切になります

ホームカラーに頼らず、必ず美容室での施術をおすすめします

カラーだけでのご来店も大歓迎です

是非一度、体感してみてください…

ご来店、お待ちしております…

【KORD_TOKYO】