DIARY

Q_白髪染めでピンポイントで狙った色にするには美容院に行かないと無理なのでしょうか?

2021/1/26

Diary Writer:TAGUCHI JUN

Q_最近、若白髪が目立ち始めてしまいました…

理想を言えば白髪の部分も黒髪の部分も明るめの茶色にしたいのですが、ピンポイントで狙った色にするには美容院に行かないと無理なのでしょうか?

自宅でそういった狙った色を再現する方法はありますか?

A_どうしても、髪質によって染まりやすい、染まりづらい、といったことがあるため、市販の白髪染めを使い、ご自宅での白髪染めでピンポイントで狙った色を再現する、というのはやはり難しいと思います…

 白髪は染められる明るさに限界がありますが、8〜9トーンぐらいまでの明るさ(一般的な日本人の地毛は5〜6トーンです)であれば、問題なく明るく染めながら白髪染めを行なうことが可能です…

これは、ご自宅で染める場合も、美容院で染める場合も同様です

 ただし、別のQ&Aでも紹介しましたが、白髪染めに限らず、普通のカラーリングでもそうですが「染まりづらい髪質」の方というのはいらっしゃいます

具体的には、髪の毛が太かったり、強いクセ毛の場合は染まりにくいと言われています

また、キューティクル(髪の毛の表面を覆っている薄い細胞の層)の階層が通常の人よりも多い方も染まりにくい髪質と言えます

 どうしても、髪質によって染まりやすい、染まりづらい、といったことがあります…

市販の白髪染めを使い、「ご自宅での白髪染めでピンポイントで狙った色を再現する」、というのはやはり難しいと思います…

 また、市販されている白髪染めや薬剤は必ずしもパッケージや取扱説明書の色見本どおりに染まるということはないので注意が必要です

特に市販の白髪染めというのは、その商品設計上、どうしても万人受けする(より多くの人の白髪をしっかり染める)ことが優先されます…

そのため、使用者の髪質や髪の状態に左右されずにしっかりと染めることを目的とするため、かなり強めの薬剤(濃い染料)が使用されています

染まりづらい人、染まりにくい人を問わず、しっかり染めようとするため、当然ですが、個々人に合わせて薬剤を調整する美容院での白髪染めよりも、ピンポイントで狙った色を再現する、というのは難しくなってしまいます…

 もし、市販の白髪染めを使って上手く染められない場合は、美容師さんに相談しながら染めるのがおすすめです

美容院では「染まりやすい」、「染まりづらい」といったお客様ごとの過去の履歴を踏まえたうえで薬剤設定をしてくれます…

より理想の色味に近いかたちで染め上げることができます…

過去のQ&A

Q_イメージどおりのカラーになるの?

Q_サロンカラーとホームカラーの違いはなんですか?

Q_サロンカラーとホームカラーの違いはなんですか? #2

カラーだけでのご来店も大歓迎です

是非一度、体感してみてください…

ご来店、お待ちしております…

【KORD_TOKYO】