DIARY

Q_ブリーチカラーでも白髪染めをすることはできますか?

2020/11/28

TAGUCHI JUN
Diary Writer:TAGUCHI JUN

Q_今まで市販のブリーチカラーのようなものを使い、ヘアカラーをしていました

ただ、最近は白髪が目立つようになってきました…

ブリーチカラーでも白髪染めをすることはできますか?

A_ブリーチはあくまで脱色、脱染(だっせん)するためだけの薬剤です

色味を入れたり、白髪を染めるという効果はありません…

白髪の部分を黒くしたい方や、ボカしたい、隠したいという方は

白髪染め(薬剤)を利用するのがオススメです…

しかし、白髪染めの薬剤にも、もちろんデメリットはあります

色素の沈着が強く、トーンを明るくチェンジしたいとなった場合は

かなり難しい施術になってきます…

ブリーチはあくまで脱色、脱染するだけの薬剤です

基本的にブリーチカラーは色素が全くありません

しかし、白髪をぼかす、活かす使い方として

ブリーチ+カラーのメニューはとても有効です

明るめの白髪染めが出来ると謳った商品・商材は、

白髪と黒い地毛をぼかす程度で、しっかりと染めきる事難しいですが、

ブリーチ+カラーのメニューであれば、明るめのカラーリングにも挑戦する事が可能です…

別のご質問でも紹介したことがありますが、

普通のカラーリングの場合はブリーチを使わなくても

薬剤で13トーンの明るさまで染めることができます

(トーンとは髪の明るさの度合い//数字が小さいほどトーンが暗く、大きいほどトーンが明るくなります)

一方で、白髪染めの場合は、黒髪に馴染ませながら染めていくため、8〜9トーンの明るさまでしか染めることはできません…

明るめのカラーデザインを希望する場合は、

低めのトーンでしか染められない白髪染めを使わずに、

ブリーチを併用したカラーデザインをオススメしております

カラーだけでのご来店も大歓迎です

是非一度、体感してみてください…

ご来店、お待ちしております…

【KORD_TOKYO】