DIARY

Q_髪の明るさを維持しつつ、なおかつ白髪を目立たせないように染める方法はありますか?

2021/1/30

Diary Writer:TAGUCHI JUN

Q_普段は市販されているおしゃれ染めを使って髪を染めています…

ただ、最近は前髪や分け目に徐々に白髪が見えてきてしまうようになりました

白髪染めをしてもいいのですが、まだ白髪は部分的で、ほとんどが黒髪です

髪全体を白髪染めで真っ黒にしてしまうのはどうかとも思います…

髪の明るさを維持しつつ、なおかつ白髪を目立たせないように染める方法はありますか?

A_「髪の明るさを維持する」ことを優先するのであれば、白髪染めではなく、ファッションカラーや通常のカラーリングがおすすめです

一方で「白髪がを目立たせないように」を優先する場合にには、明るさに関しては多少妥協をしていただき、8〜9トーンの白髪染めで染めていただくのがおすすめです

 別のQ&Aでも紹介したことがありますが、普通のカラーリングの場合はブリーチを使わなくても薬剤で13トーンの明るさまで染めることができます(トーンとは髪の明るさの度合い

数字が小さいほどトーンが暗く、大きいほどトーンが明るくなります)

一方で、白髪染めの場合は、黒髪に馴染ませながら染めていくため、8〜9トーンの明るさまでしか染めることはできません

 ご自宅で行なう場合も美容院で白髪染めをしてもらう場合でも、今の時代だと8〜9トーンの明るさが白髪染めの限界と言われています

白髪染めの薬剤を販売している一流メーカーさんの薬剤でも、8〜9トーン以上に明るくできる白髪染めというのは、まだ販売されていないのです

そのため、もしお客様が8〜9トーン以上の明るさ(仕上がり)を求めるのであれば、白髪染めではなく、ファッションカラーや通常のカラーリングで髪全体を染めていただくのがオススメです

 ただ、「通常のカラーリングではどうしても白髪が目立つ」、という場合には、「髪の明るさを維持しつつ」ということを妥協していただくしかありません

多少暗い色になってしまったとしても「白髪を目立たせないように染める」を優先して白髪染めを利用するのが白髪を隠す最善の方法です

色持ちは多少悪くなってしまいますが、白髪染めの中でもなるべく明るい8〜9トーンの薬剤を利用することで、

白髪染めを使ったとしても、地毛(5〜6トーン)よりも明るい色で染めることは可能です

また、最近ではブリーチを用いたハイトーンカラーも多くの方が挑戦しています…

ブリーチもポイントで活用する事で、最低限のダメージで明るい色を維持した白髪ぼかしカラーを楽しむことが可能です…

お気軽に相談ください…

過去のブリーチ情報

BLEACH//カラー×ブリーチ

NUDI//COLOR//カラー×ブリーチデザイン

過去のQ&A

Q_ブリーチって何?

Q_ブリーチしてからカラーしたほうが綺麗な色に染まるって本当ですか?

Q_1度ブリーチした髪にカラーをしてさらにブリーチしたいです…

カラーだけでのご来店も大歓迎です

是非一度、体感してみてください…

ご来店、お待ちしております…

【KORD_TOKYO】